お客様の声|フロアコーティングランキングで3冠達成!業界唯一ナノ銀配合【グッドライフ関西】大阪ショールーム展開中

お客様の声

お喜びの声多数!

このページでは、当社にて施工を行わせていただいたお客様よりいただいた声をご紹介させていただきます。
これからも多くの声を集められるよう努めて参ります。

エコカラットに悩んでる方必見!柄・色毎に解説します。~スプライン、シルクリーネ編~

LIXIL エコカラットプラスの機能については以前触れたように大きく分けて、☑調湿 ☑消臭 ☑美観 といった機能があります。

特にこの美観という点で、エコカラットプラスを施工することは決めたけどどんな柄が我が家には合うんだろう…?と、どれを選べば良いのかが悩むポイントになると思います。

そこで【エコカラット 色 柄 選ぶポイント】といった検索ワードで調べているであろうお客様に向けてご紹介させていただきます!

今回はスプライン、シルクリーネの2種類をご紹介いたします。



スプライン

穏やかな曲線ときらめく表情が空間を上品に演出します。

ホワイト/ベージュ/ライトローズ/ライトグリーンの4色展開です。

スプラインは約30㎝×30㎝のサイズのエコカラットプラスです。厚さは5.5㎜の1種類です。壁紙のような柄でありながらもエコカラットプラスの消臭・調湿効果があるという両者のいいとこどりのエコカラットプラスです。

ホワイトは空間を広く、明るく見せる効果があり、間近で見ても圧迫感がないので、トイレや洗面室などの小さな空間への施工がオススメです。また穏やかな波模様のスプラインは水まわり空間にもぴったりです。きれいなお水の流れを連想させて、透明感のある清潔な雰囲気をプラスします。ダークトーンのアクセントクロスを逆に利用すると、白のエコカラットが映えます。

さりげなく印象付けるベージュは高級感があります。例えばリビングの壁を1面だけダークベージュにして、対面側にベージュのソファを配置しその他のTV台やテーブル、照明を全て黒で統一することで高級感がありつつも、格好いい雰囲気のお部屋になります。

ライトローズはホワイトと組み合わせて子供部屋に施工すると可愛らしい雰囲気になりますよ。腰板のようにライトローズを使用してみたり、市松模様にして壁面の一部に施工するのも素敵ですね。色が違うものでも、確度を間違えなければ模様は繋がるのでご安心くださいね。

ライトグリーンのような色は白・黒・ベージュなどのベーシックカラーと比べて使いづらいイメージがありますが、実際フローリングのライトブラウンやホワイトのソファなどと合わせることでナチュラルで明るい空間にすることが出来ますよ。水平に数列だけ施工すると波模様が強調されますが、壁一面だとそこまで主張しないです。壁一面に施工するのをためらう方もいるとは思いますが、頭の辺りや腰辺りに水平に施工するとアクセントになりつつも、他のインテリアに取り入れやすいです。



シルクリーネ

きらめく繊細なラインがやさしい空間を作ります。

ホワイト/ベージュ/グレーの3色展開です。

シルクリーネは約30㎝×30㎝の正方形のエコカラットプラスです。厚さは5.5㎜です。近くから見ると細いラインが何本も入っています。たけひごは凹凸が線のようになっていますが、シルクリーネは上から線を手書きで描いたような見た目です。

デザインパッケージのシックブラウンに使用されるホワイトは、他のエコカラットプラスと組み合わせて使われることが多く、特にグラナスラシャに両サイドを挟まれる形で使用されることが多いです。しかし、ランドを横に一列、上下にシルクリーネを配置するような逆の配置パターンもお洒落です。ランドは凹凸が強めに出ているので、シルクリーネのような凹凸のないエコカラットプラスでも組み合わせによって照明による陰影が楽しめますよ。

ベージュはカッセのベージュやコットベージュとも相性が良く、デザインパッケージのように使われたりライン貼りされることが多いです。どちらも明るいイエローベースの色味なのでお部屋もナチュラルな雰囲気のものに合います。ホワイト/ブラウン系の家具に合わせて、アクセントに青いラグなどを入れるとまとまりすぎずにお洒落に見えます。

暗くなりがちなグレーですが、シルクリーネの場合細かなラインが入っていることで重くなりすぎません。シックな落ち着いた印象を与えますが、重厚感を与えるほどではないのでグレーのアクセントウォールに興味があるけど他の家具との兼ね合いが難しい…という方には使いやすいエコカラットプラスです。壁一面に施工するのは勇気がいるという場合には腰板のように使うのはいかがでしょうか。インテリアはホワイト・ライトグレーを選び、ブルーグレーやダークパープルなどの寒色でアクセントをつけるとエレガントな雰囲気になります。



実物を見ると受ける印象も変わりますので、カタログを見ただけで決めるのではなくショールームなどに足を運んでご自身で確認してみてください!

グッドライフでは様々な種類のエコカラットを壁に貼っています。貼っていないものでも実際のエコカラットが貼られた大きなカタログをご用意しています。

ショールームは予約制です。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

エコカラットに悩んでる方必見!柄・色毎に解説します。~リブミックス、ニュートランス、フェミーナ編~

LIXIL エコカラットプラスの機能については以前触れたように大きく分けて、☑調湿 ☑消臭 ☑美観 といった機能があります。

特にこの美観という点で、エコカラットプラスを施工することは決めたけどどんな柄が我が家には合うんだろう…?と、どれを選べば良いのかが悩むポイントになると思います。

そこで【エコカラット 色 柄 選ぶポイント】といった検索ワードで調べているであろうお客様に向けてご紹介させていただきます!

今回はリブミックス、ニュートランス、フェミーナの3種類をご紹介いたします。



リブミックス

微細なリブレリーフをミックスしたデザインが、空間に表情をプラスします。

ホワイト/ベージュ/グレーの3色展開です。

リブミックスは1マス約2.5㎝×10㎝の長方形で、1枚30.1㎝×30.1㎝のエコカラットプラスです。厚さは5.5㎜で統一されているので壁面が凸凹しているのが気になる方は、こういったタイル自体の厚さは変わらずにレリーフがあると壁面にアクセントを付けつつ主張しすぎない魅せ方が出来ますよ。

ホワイトは白い壁紙と馴染みやすくタイルらしさも少ないので、壁紙のように使いたいという方や壁紙の雰囲気のまま、調湿・消臭などのエコカラットプラスの効果を取り入れたい方にお勧めです。色は真っ白というよりオフホワイトのような色味で、清潔感のあるホワイトは洗面室などの水廻りにもおすすめしています。

かなり明るめのベージュで、お部屋の雰囲気も明るく柔らかくなります。玄関にミラーと一緒に施工するとホワイトやグレーよりも温かみはありつつも、きっちりとした印象になります。生活感のある部屋というよりもオフィスインテリアと無機質インテリアの間のようなお部屋にしたい方におすすめです。

グレーは主張が強すぎず落ち着いた色柄なので、寝室の一面ではなくアクセントとして一部に施工する方もいらっしゃいます。ガラス素材やホワイト・グレー・ブラックなどでインテリアを揃えることで無機質インテリアが完成します。小さめのお部屋の場合は圧迫感が強くならないよう、ホワイトやライトグレーの割合を多くした方が良いでしょう。





ニュートランス

幾何学的なレリーフが特長です。スタイリッシュな空間のアクセントにお勧めです。

ホワイト/ベージュ/グレーの3色展開です。

ニュートランスは約30㎝×30㎝の正方形のエコカラットプラスです。厚さはレリーフのあるものは6.5㎜でレリーフのない平らなものは5.5㎜です。近くから見ると細かなラメが入っています。レリーフは左右対称ではないので、施工の際にはどういう模様にするか考える必要があります。レリーフがあるものを2列施工する場合はこのように菱形のように見えるパターン丸い形のように見えるパターンがあります。(※陰影が分かりやすいように加工しています。)

このようなレリーフの場合、奇数列で配置すると余りが生じて違和感のある見た目になることが多いので、広い範囲に施工する場合を除いて基本的には偶数列での施工を推奨しています。レリーフ有りを偶数列施工し、レリーフ無しで余った空間を調整をする場合が多いようです。

レリーフは平面の模様ではなく凹凸で出来ています。光が均等に当たっていると凹凸が分かりにくいので、是非ダウンライトやアップライトなどの光を当てて美しいレリーフを活かすライティングにすることを検討してみてください。

ホワイトはトイレなどの水廻りはもちろんのこと、玄関突き当りの壁にアクセントとして施工される方がとても多いです。床や壁面も白で統一したオールホワイトのお洒落な空間はモダンで抜群の清潔感があります。

柔らかな印象のベージュですが、ベージュはホワイトと比べてインテリアの合わせ方が難しくなると感じる方が多いようで施工数が少ない傾向があります。しかしホワイトの割合を増やし薄いイエローのソファなどと組み合わせてエレガントな空間にしたり、グレーのラグとホワイトのカーテンにブラックのレザーソファを合わせて重厚感を演出するといったことも出来ます。

よりラグジュアリーな印象になるグレーは幾何学模様とあいまって高級ラウンジのようなお部屋になります。小型のシャンデリアと合わせてより華やかな空間にしたり、アップライトで下から照らしてモダンな雰囲気にするなどの応用がききます。グレーは一般的なライトブラウンのフローリングに合わせると爽やかな印象にもなりますし、白い壁紙よりもメリハリが生まれてお洒落に見えます。



フェミーナ

女性が好むアクセントカラーをそろえました。アンティークスタッコ調のレリーフが特長です。

ホワイト/ラベンダー/グレイッシュブルー/ローズ/モーブ/グレイッシュブラウンの6色展開です。

フェミーナは約30㎝×30㎝のエコカラットプラスです。厚さは5.5㎜の1種類で大きな凹凸はありません。アンティークスタッコとはベネチアンスタッコとも呼ばれ大理石を細かく砕いた粉を漆喰に混ぜて、ヘラを使ってムラ感がありながら光沢感のある美しい壁を作る技術のことです。

ホワイトは他の色との組み合わせも楽しみやすい万能色ですね。リビングはホワイトにして、お子様のお部屋や書斎など各部屋ごとににラベンダーやグレイッシュブルーの色違いを施工するといったやり方だとお家全体の統一感はありつつも部屋ごとに個性を出すことが出来ます。

ラベンダーは柔らかで可愛らしい色ですが、壁やインテリアの色をホワイトやライトグレーで合わせるとクールな印象になり、フェミニンさをキープしつつ可愛すぎない雰囲気をお好みの場合にもぴったりです。

グレイッシュブルーはライトグレーのインテリアとの相性がとても良いです。アクセントにパステルイエローを入れると子供部屋にぴったりの可愛らしい雰囲気になりますし、ホワイトの壁紙と明るいブラウンの木目調の椅子などと合わせるとナチュラルでありながらも一般的な白い壁紙よりも存在感のあるお部屋を演出することが出来ます。

花柄などのアクセントクロスにローズをアクセントとして貼り、思いっきりガーリーなお部屋にするのも素敵ですね。白いアイアン調のベッドを合わせればフレンチガーリーですし、ライトブラウンの木製チェストと合わせるとカントリー風になります。

ラベンダーより濃い色のモーブは上品な印象になります。ライトグレーとの相性が良く、大理石調の床面にしたり家具の色にホワイトを多めに入れ、ガラステーブルなどと合わせることで高級感もありつつ解放感のある空間になります。一方ライトグレーの家具に、フローリングやテーブルをダークブラウンにしたりカーテンをダークトーンで統一すると高級感と重厚感のある空間になります。

可愛らしい色が揃っているフェミーナの中でも唯一渋かっこいい色のグレイッシュブラウンは他の同じような形・色のエコカラットプラスよりもシンプルなので主張しすぎることなく使いやすい色です。ダークトーンで探しているとフェミーナは見逃してしまいがちですが、グレーとブラウンが絶妙に混ざった色は重くなりすぎず温かみもある素敵な色です。しかし部屋全面に施工すると閉塞感がでるので1面に施工してアクセントウォールとすると良いでしょう。



実物を見ると受ける印象も変わりますので、カタログを見ただけで決めるのではなくショールームなどに足を運んでご自身で確認してみてください!

グッドライフでは様々な種類のエコカラットを壁に貼っています。貼っていないものでも実際のエコカラットが貼られた大きなカタログをご用意しています。

ショールームは予約制です。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

エコカラットに悩んでる方必見!柄・色毎に解説します。~カッセ、ラフソーン、ストーンⅡ編~

LIXIL エコカラットプラスの機能については以前触れたように大きく分けて、☑調湿 ☑消臭 ☑美観 といった機能があります。

特にこの美観という点で、エコカラットプラスを施工することは決めたけどどんな柄が我が家には合うんだろう…?と、どれを選べば良いのかが悩むポイントになると思います。

そこで【エコカラット 色 柄 選ぶポイント】といった検索ワードで調べているであろうお客様に向けてご紹介させていただきます!

今回はカッセ、ラフソーン、ストーンⅡの3種類をご紹介いたします。



カッセ

割り石のような凹凸のデザインが美しい陰影を作ります。店舗・住宅などのアクセントにお勧めです。

アイボリーベージュ/ベージュ/ライトグリーン/コットベージュの4色展開です。

カッセは約3㎝×3㎝の小さな正方形のエコカラットプラスです。厚さは5.5㎜~7.5㎜の厚さのものがあります。小さいサイズで厚みや凹凸が1つずつ違うので、ダウンライトなどで照らしても他のエコカラットプラスのように陰影が1マス毎にはっきりとは出ません。施工面はザラザラとした粗い感触ですが、照明の下でも日の光の中でも優しく穏やかな印象を与えてくれます。

アイボリーベージュはどんな場所にも合わせやすい色で、全面に施工しても勿論いいですし、他のエコカラットプラスと組み合わせると個性が出ます。カッセを壁中央の天井から床まで施工し、両端にグラナスルドラを配置するのもお洒落です。見た目としてはデザインパッケージのシックブラウンやシックグレーに近いですが、他の色が選べるという点とグラナスルドラとカッセの方が凹凸があるのでダウンライトなどと設置する場合陰影が楽しめます。

サイズが小さいのでミラーの淵をモザイクタイルのように細めに囲うとミラーだけの状態に比べてハイグレードなイメージに仕上がります。ベージュの柔らかな色合いと電球色のダウンライトで照らすことでより温かな印象になります。

ライトグリーンは珍しい色ですが、壁一面に施工したり、ボーダーラインにするのも人と被りにくく個性を出すことが出来おすすめです。カーテンやラグを同じようなライトグリーンにしたり茶色や青、白などと合わせたり小物はナチュラルなモチーフを選ぶと部屋全体に統一が出ます。

若干ピンクがかっている温かな色のコットベージュは暖色系の色のエコカラットと馴染みやすいです。玄関正面の壁にホワイト系のシルクリーネやファインベースを2列程縦に施工し、その両端をカッセで縁取ったデザインはで品のある印象になります。アップライトで下から照らすのもロマンチックで素敵です。


ラフソーン

木材を粗く切ったような仕上のレリーフが特長です。寝室など穏やかな空間にお勧めです。

ホワイト/ベージュ/ライトブラウンの3色展開です。

ラフソーンは約2㎝×7㎝の長方形のエコカラットプラスです。厚さは6㎜と8.5㎜のものがあります。側面は色や模様が施されていないので、厚みがあるピースは横から見ると側面が白く目立つ場合があります。しかし、ホワイトの場合は表面も似た色なのでほとんど気にならないです。

トイレのような小さな空間の場合は圧迫感があるライトブラウンより空間を広く見せる効果のあるホワイトがお勧めです。(ライトブラウンの場合は四方に貼らず部分的にデザイン貼りするくらいでちょうどいいでしょう)天井高が低い場合は通常通り縦向きに、奥行が無い場合は横向きにするとその方向に向かって空間が広がって見える効果をもたらします。

ホワイトベージュやカフェオレ、ミルクカラーのような穏やかな色のお部屋にはベージュがお勧めです。同系色の木枠で囲って絵のように飾るとアクセントになります。普通の白い壁とは視線の持って行き方も変わるので空間の雰囲気もガラリと変わります。

ライトブラウンはオレンジみの強いブラウンで、3色の中で最も木材らしい見た目になります。明るい印象というだけでなく、エコカラットプラスの中でも珍しい木がモチーフ(他にはビンテージオーク、カームウッド、ラフソーン)のもので、木のぬくもりと落ち着きも感じられます。玄関にダウンライトや姿見と一緒に施工される方が多いです。



ストーンⅡ

自然な石積みの意匠で空間を上質に演出します。

アイボリー/ベージュ/グレーの3色展開です。

ストーンⅡは約30㎝×30㎝、30㎝×15㎝、15㎝×15㎝の3種類のサイズの組み合わせのエコカラットプラスです。厚さは7㎜の1種類で大きな凹凸はありません。レイヤーミックスと似ていますが、ストーンⅡにはダマスク模様が無く色のバリエーションも違いますので、そちらと合わせて検討すると理想のイメージにより近づけるかと思います。

明るいアイボリーは場所を選ばず施工出来る使いやすさと、通常のタイルと違い3種類の異なるピース組み合わせがお洒落で白いタイルは白い壁紙と見栄えがあまり変わらないから…と思っている方にもお勧め出来ます。

温かな印象を与える濃いベージュは、フローリングや木製家具の色味と合わせることも出来ますし、白い壁の1面にだけ施工することでアクセントにすることも出来ます。また、和室や小上がりの畳スペースにも合わせてもお洒落にまとまりますよ。

ホテルのような高級感を出すグレーはリビングや廊下に施工される方が多いです。濃い色で高級感はありますが、様々な形の組み合わせが重厚すぎない印象にしてくれます。色が均一ではないので離れて見た時に濃淡の違いの主張が激しい場合もあるので、物は少なめに配置した方が部屋全体のまとまりがよくなります。



実物を見ると受ける印象も変わりますので、カタログを見ただけで決めるのではなくショールームなどに足を運んでご自身で確認してみてください!

グッドライフでは様々な種類のエコカラットを壁に貼っています。貼っていないものでも実際のエコカラットが貼られた大きなカタログをご用意しています。

ショールームは予約制です。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

エコカラットに悩んでる方必見!柄・色毎に解説します。~ランド、ペトラスクエア、ヴィーレ編~

LIXIL エコカラットプラスの機能については以前触れたように大きく分けて、☑調湿 ☑消臭 ☑美観 といった機能があります。

特にこの美観という点で、エコカラットプラスを施工することは決めたけどどんな柄が我が家には合うんだろう…?と、どれを選べば良いのかが悩むポイントになると思います。

そこで【エコカラット 色 柄 選ぶポイント】といった検索ワードで調べているであろうお客様に向けてご紹介させていただきます!

今回はランド、ペトラスクエア、ヴィーレの3種類をご紹介いたします。



ランド

石ハツリ面のモザイクで美しい陰影を表現します。リビングなどのアクセントにお勧めです。

アイボリー/ベージュの2色展開です。

ランドは約7㎝×2㎝の小さめの長方形のエコカラットプラスです。厚さは7.5㎜のものと9.5㎜2種類が混在しており、ランドよりも1㎜程度厚くなっています。ランドと雰囲気が似ていますが、より高級感のある空間にしたい場合はがおすすめです。クセのない見た目でどんな場所にも使いやすいのが特徴です。ところで石ハツリ面のハツリとは主に建設現場でコンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊したり、形を整えるために表面をのみで削ったりすることをいいます。

リビングはもちろん、カップボードやシューズボックス上に施工してもアイボリーは主張しすぎずに個性を出して他のインテリアと上手く調和します。ダウンライトは暖かく落ち着いた電球色の場合も多いですが、アイボリーの場合、朝の光のような昼白色のダウンライトとの相性も良く、ホワイトインテリアで揃えると爽やかなお部屋になります。

ベージュは同じランドでもランドより黄みが少ない色合いです。家具や床の色とエコカラットの色を合わせたい場合は、との両方のベージュを実際に目で見て比較してみたほうが良いでしょう。ベージュは暖色なので、ソファなどの家具を生成り色やダークブラウンなどの暖色で統一すると明るく温かい雰囲気にまとまります。

因みにランドにはの2種類があります。

は横から見るとこのように平らで多少凹凸があります。それに対しは横から見ると弓なりに曲がっています。凹凸もよりはっきりとしているという違いがあります。


ペトラスクエア

ナチュラルな石面凹凸デザイン。ライティングによる陰影が美しい壁面を演出します。

ライトグレー/ライトベージュの2色展開です。

ペトラスクエアは約6㎝×6㎝の小さめのサイズです。厚さは5.5㎜と8.5㎜のものがあり、見た目が似ているパールマスクⅡとは同じ厚さで、キルトよりそれぞれ0.5㎜ずつ厚くなっています。ダウンライトなどで照らすと光の加減で凹凸がきれいに浮き出ます。同じ約6㎝×6㎝のサイズ(パールマスクⅡ・キルト・ペトラスクエア)の中でも表面が石面の凹凸なので高級感があるのが特徴です。収納のカウンターと吊り戸棚の間のちょっとした壁にアクセントにエコカラット施工するのもおすすめです。お気に入りの小物を置いたり、お花を飾ってもかわいいですよ。

ライトグレーは白に近いので、他のエコカラットプラスと組み合わせて使う場合に他の色と合わせやすいのでお勧めです。ペトラスクエアは細かな柄なので、組み合わせるエコカラットプラスはシルクリーネやファインベースなどの大きめでシンプルな形にした方がまとまります。

ライトベージュは白い壁に施工しても同化せずに存在感がでます。玄関を入って目の前の壁に施工する方も多いようです。再度を数列分あけて天井から床面まで縦に施工するとデザイン性が高く見栄えの良い玄関になります。


ヴィーレ

丸みを帯びた凸のデザインが美しい陰影を演出します。

ホワイト/アイボリー/ベージュ/グレーの4色展開です。

ヴィーレは約3㎝×3㎝の小さなエコカラットプラスです。厚さは4.5㎜のものと4㎜の2種類が混在しています。清潔感のある印象で、エコカラットプラスの消臭・調湿効果もあいまって水廻りにおすすめです。また、凹凸がしっかり出ているのでニッチ部分に施工しダウンライトで照らすと陰影が楽しめます。細かな柄なので壁一面に施工するとごちゃごちゃとした印象を与える場合があるので、他のエコカラットプラスと組み合わせたり壁の一部に施工すると良いでしょう。

カタログ上の写真のみだと若干分かりづらいと思いますが、4種の色はそれぞれこのような色味です。

ホワイトはオフホワイトに近いです。

アイボリーは僅かに黄色がかった薄いグレーに見えます。

ベージュはピンクベージュやサーモンピンクに近い明るいベージュです。

グレーはアイボリーに若干茶色を混ぜて色を濃くしたようなグレーです。

写真は出来る限り現物と同じような色味になるよう調整しましたが、ご使用の端末画面によって色味が変わってくる場合もございますので、お近くのショールームで実物をご覧になって確認されることをお勧めします。

シンプルすぎると思う場合はデザインパッケージもございます。デザインパッケージではカラフルなガラスモザイクとモノトーンのガラスモザイクがあり、お子様の部屋にも落ち着いた部屋にも合うデザインです。

実物を見ると受ける印象も変わりますので、カタログを見ただけで決めるのではなくショールームなどに足を運んでご自身で確認してみてください!

グッドライフでは様々な種類のエコカラットを壁に貼っています。貼っていないものでも実際のエコカラットが貼られた大きなカタログをご用意しています。

ショールームは予約制です。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせくださいませ!
  • 次をみる
PAGE TOP